視力の悪い人は、当たり前のように毎日使っているコンタクトレンズですが、その歴史はとても古い物が原点になっています。レオナルド・ダ・ビンチのとある発見から生まれたと言われているのです。ガラスの器に水を張って、目を開けたまま付けて見ると、良く見えることを発見しました。この時代にコンタクトが作られたわけではありませんが、レオナルド・ダ・ビンによって生まれたとされているのです。かなり画期的なアイテムに思えますが、実はとても古い歴史があったのです。

コンタクトにはソフトとハードの二つの種類があります。今はソフトレンズを使っている人が多いのではないでしょうか?より便利になった今は、ソフトに限り使い捨てタイプも販売されています。柔らかい付け心地で使い勝手が良いので、ソフトは初心者にもおすすめです。一方ハードレンズは硬くて目に入れると異物感を感じる人もいます。ハードの硬さが苦手な人も多いでしょう。しかしソフトよりも目が乾きにくく、水洗いできるなどお手入れが簡単な良い部分も多いです。どちらも毎日使えば無くてはならない、便利な存在になります。両方のメリットデメリットをよく考慮して、上手に選んでみてください。

コンタクト購入にあたって

コンタクトレンズの購入についての情報はこちら

コンタクトレンズは眼科でも購入できます

自分に合ったコンタクトレンズを選ぶには?

コンタクトレンズ購入前の検査の流れ

コンタクトとの付き合い方

コンタクトレンズとの賢い付き合い方を覚えていきましょう

目も紫外線ダメージを受ける?対策方法は?

コンタクトレンズの使用期限、守っていますか?

コンタクトレンズが原因で起こる炎症に注意

コンタクトレンズは水洗い厳禁?